other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

わたしを空腹にしないほうがいい 改訂版

1,000円

送料についてはこちら

著者:くどうれいん 出版:BOOKNERD 発売日:2018年8月19日(第12刷) 仕様:文庫判 77ページ 岩手県盛岡市の書店BOOKNERDの出版レーベル第一作目。 歌人・くどうれいんさんの食をテーマにしたエッセイは、文庫サイズに詰まった言葉が生き生きと輝く、珠玉の作品になっています。 (BOOKNERDの商品紹介ページより) 〈俳句をタイトルにしたエッセイ集〉 これは現代版『ことばの食卓』否『手塩にかけたわたしの料理』か?いいえ、彼女は"くどうれいん"。 モリオカが生んだアンファン・テリブルが書き散らしたことばと食物の記録。 はじまりはこうだ。 "わたしを空腹にしないほうがいい。もういい大人なのにお腹がすくとあからさまにむっとして怒り出したり、突然悲しくなってめそめそしたりしてしまう。昼食に訪れたお店が混んでいると友人が『まずい。鬼が来るぞ』とわたしの顔色を窺ってはらはらしているので、鬼じゃない!と叱る。ほら、もうこうしてすでに怒っている。さらに、お腹がすくとわたしのお腹は強い雷のように鳴ってしまう。しかもときどきは人の言葉のような音で。この間は『東急ハンズ』って言ったんですよ、ほんとうです、信じて” 2016年6月の初夏、そして一年後の2017年6月の心象風景。くどうれいんが綴る、食べることと生きることの記録。 (2022年・発行元/BOOKNERD)

セール中のアイテム