new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

なめらかな人

1,650円

送料についてはこちら

著者:百瀬文 出版:講談社 発売日:2024年5月 仕様:四六判 256ページ わたしの欲望や違和感は、ほかの誰かと分かち合うことはできるのだろうか。―『群像』の好評連載がついに単行本化。新進気鋭の美術家による清冽なエッセイ。 目次 なめらかな人 ママと娘 骨が怖い 交差点 ビオランテ カラオケ日和 ねじれたヌード 底意地の悪い ドクメンタの夜 晋吾のスカート 肉を噛む バッド・ゲームの向う側 見ない、見えない、見なくていい 身籠り あの銅鑼が鳴る前に 石に歯 ぬいぐるみたちの沈黙 労働と蕩尽 マイホーム 続・マイホーム 白い塀 遙かなるゾーニング 秘密の融点 砂のプール

セール中のアイテム