{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【古本】マリリン・モンロー最後の年

700円

送料についてはこちら

著者:セバスティアン・コション 出版:中央公論新社 発売日:2017年6月 仕様:B6判 220ページ 状態:B カバーに少し汚れがあります。 マリリンは1962年の夏の夜、36歳で死んだ。そして、葬儀に参列したのはたったの34人。そのうちの12人が本書の主人公である。彼らは、家政婦、メイク係、秘書、マッサージ師、会計係、演技コーチ、ヘア・ドレッサー、スタンドイン〔代役〕、助手、精神分析医、写真家、そして広報担当であった。 彼らにとって、ハリウッドで最もビッグなスターのそばにいることは何を意味していたのか? マリリンは最も才能に恵まれながら、最も矛盾を抱えたスターの1人だった。魅力的だが、恐ろしく多くを求めた。鷹揚な反面、妥協しないところがあった。 マリリン最後の日々、彼女に身近に接した彼らの、人生、雇い主との関係、相互の人間関係を活写し、不世出の大スターの魅力に新たな光を当てる。

セール中のアイテム