new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

本屋のない人生なんて

2,090円

送料についてはこちら

SOLD OUT

著者:三宅玲子 出版:光文社 発売日:2024年3月 仕様:四六判 344ページ 「私はね、本屋という商売はもう終わった、と思っている人たちを見返したいんですよ」北海道から九州まで。全国の気骨ある書店を訪ね歩いたノンフィクション。 目次 序章 渇望―留萌ブックセンターby三省堂書店(北海道) 1章 日本一―今野書店(東京) 2章 ともに読む―定有堂書店(鳥取) 3章 たらいの水―ウィー東城店(広島) 4章 企む―ブックスキューブリック(福岡) 5章 本を売ることに賭ける―本屋Title(東京) 6章 本屋を植える―高久書店(静岡) 7章 次の人たち―双子のライオン堂(東京)汽水空港(鳥取)MINOU BOOKS(福岡) 終章 代わりのきかない場所―橙書店(熊本)

セール中のアイテム