new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

日常的な延命 「死にたい」から考える

1,980円

送料についてはこちら

著者:小川和 出版:ナナルイ 発売日:2024年4月 仕様:四六判 324ページ ふと「死にたくなる」ことがある。 著者の小川和は「『死にたい』とはどのようなものなのか。無論、答えは人それぞれに異なっている。だからこれは、自分で自分の悩みに答えを出すために書いた」と語る。 例えば、座間9人殺害事件がどう「死にたい」と関連しているのか、SNS上の言葉を分析。関連する願望として「承認欲求」に対する「安心欲求」論を展開する。さらに自身の体験から「ひきこもり」と「移民」を結びつけて、自殺に至らないための方法を探る。 制作、ひきこもり移民、承認欲求、筋トレ、カフカ、インディペンデント・アニメーション、親密圏、呪術廻戦、ONE PIECE、TikTokなどをベースに、「死にたい」について考えていく。 小川和は、ゲンロン批評再生塾出身。待望の単著。佐々木敦氏推薦。

セール中のアイテム