new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

風景をつくるごはん 都市と農村の真に幸せな関係とは

2,200円

送料についてはこちら

著者:真田純子 出版:農山漁村文化協会 発売日:2023年10月 仕様:A5判 288ページ 地方創生やB級グルメなど地方を盛り上げようとする取り組みが盛んだ。だがなぜ地方の人たち、とりわけ中山間地の人たちばかりがんばらなくてはならないのか? 都市と農村の関係から、農業生産のあり方や流通、食べ方の変化に目を向けたとき、そこには都市を優先し合理性を重視する社会のシステムがあることが見えてくる。農村風景の変容も、このシステムとふかく結び付いている。農村風景を入り口に、食と農業のあり方から、都市と農村の幸せな関係を構想する。 目次 「風景をつくるごはん」をめぐる旅にようこそ 第1部 農村風景が生み出す価値(「美しい農村風景」ってなんだろう;EUの農業政策の転換と風景の保全・再生;食と農と観光を結びつける仕組み;土地と結びついた食が地域をつくる) 第2部 日本の風景を振り返る(工業化社会の進展が過疎地域を生み出した;農業の近代化は何に対する「進化」だったのだろうか;農家と消費者の距離がもたらした「青果物の価値」;地域の環境が生み出す個性ある石積み) 第3部 これからの風景に向けて(「ローカル」をめぐる都市と農村の関係;社会のシステムを変えるための小さな行動)

セール中のアイテム