new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

いつもの言葉を哲学する

935円

送料についてはこちら

著者:古田徹也 出版:朝日新聞出版 発売日:2021年12月 仕様:新書判 289ページ 言葉を大切にするって何をすること?「発言を撤回する」「不快な思いをさせて」―サントリー学芸賞受賞の哲学者が“まん延”するお約束表現に警鐘を鳴らす。 目次 第1章 言葉とともにある生活(「丸い」、「四角い」。では「三角い」は?;きれいごとを突き放す若者言葉「ガチャ」 ほか) 第2章 規格化とお約束に抗して(「だから」ではなく「それゆえ」が適切?―「作法」に頼ることの弊害;「まん延」という表記がなぜ蔓延するのか―常用漢字表をめぐる問題 ほか) 第3章 新しい言葉の奔流のなかで(「○○感」という言葉がぼやかすもの;「抜け感」「温度感」「規模感」―「○○感」の独特の面白さと危うさ ほか) 第4章 変わる意味、崩れる言葉(「母」にまつわる言葉の用法―性差や性認識にかかわる言葉をめぐって1;「ご主人」「女々しい」「彼ら」―性差や性認識にかかわる言葉をめぐって2 ほか)

セール中のアイテム