{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【古本】ひきこもり図書館

900円

送料についてはこちら

著者:頭木弘樹 出版:毎日新聞社 発売日:2021年2月 仕様:四六判 249ページ 状態:B 本体に数ページ角折れがありますが、それ以外はきれいです。 ひきこもるとは、いったいどういうことなのか?部屋の中で、何が起きるのか?ひきこもっている間に、人はどう変わってしまうのか? 目次 ひきこもっている間に忘れられる 散文詩 死なない蛸(萩原朔太郎) ひきこもり願望 ドイツ文学 ひきこもり名言集(フランツ・カフカ) 鬼退治に行かない桃太郎 昔話 桃太郎 岡山県新見市(立石憲利・編著) 差別によるひきこもり ショートショート 凍った時間(星新一) 感染を避けるためのひきこもり アメリカ文学 赤い死の仮面(エドガー・アラン・ポー) ひきこもりによる物の見え方・感じ方の変化 エッセイ 病床生活からの一発見(萩原朔太郎) 部屋から出られない苦しみ 日本SF小説 フランケンシュタインの方程式(梶尾真治) ニートのつぶやき 大正文学 屋根裏の法学士(宇野浩二) ひきこもりと植物 韓国文学 私の女の実(ハン・ガン) 究極の孤独 アメリカSF小説 静かな水のほとりで(ロバート・シェクリイ) ひきこもり実験の結果 漫画 スロー・ダウン(萩尾望都) 番外編 ひきこもらなかったせいで、ひどいめにあう話(頭木弘樹

セール中のアイテム