{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【古本】中身化する社会

300円

送料についてはこちら

著者:菅付雅信 出版:星海社 発売日:2013年2月 仕様:新書判 232ページ 状態:B カバーに少し傷みがあります。 生きるうえで大事なことが、変わった。その変化の潮流を示すことが、本書の目的だ。ネットの進化、そしてソーシャルメディアの爆発的普及によって、テレビや広告などによるイメージ操作は、ほぼ効かなくなった。ウソや誇張はすぐに検証され、バレてしまうからだ。商品もサービスも、そして人間までも、その「中身」が可視化され、丸裸にされてしまう社会の中で、もはや人々は見栄や無駄なことにお金や時間を使わなくなる。そして、大量消費的な流行に流されず、衣食住すべてにおいてより本質を追求するようになる。この社会の“新しい次元”に、僕らはどのようにコミュニケーションと生き方を変化させ、対応していくべきなのか。 目次 第1章 ソーシャルメディアが「見栄」を殺す(ブルックリンで体験した「コンフォート」の波;『セックス&ザ・シティ』の女優はコンフォートへ ほか) 第2章 ライフスタイルが「競争的」になる(クラフトマンシップの復活;お洒落なレディー・ガガよりもブスなアデルが売れる理由 ほか) 第3章 人が、そして社会が「中身化」していく(大衆に「可視化」されるプライバシー;有名人は徹底的に可視化される ほか) 第4章 「中身化する社会」を生きる(検索の中で、自分の生き様を見失う;IBMが予測する「評判という資本」 ほか)

セール中のアイテム