new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

さよならシティボーイ

2,200円

送料についてはこちら

SOLD OUT

著者:すなば 出版:トーキョーブンミャク 発売日:2021年10月 仕様:B6判 328ページ 『あんなカーテンがほしいと空をみて』 都市に暮らす、文章を奏でる。まさに読むシティポップと呼べる作品が完成致しました。 是非、著者のリズムやグルーヴ、言葉から溢れる情景を味わって頂ければ幸いです。 甘酸っぱかったり辛かったりした10代の記憶、日々の暮らし、命について、詩、自由律俳句、映画、インターネット、BUMP OF CHICKEN、銭湯とサウナ、コロナ禍とまさかの感染、沖縄、小豆島、京都への旅行記など、著者のこれまでを網羅した渾身のエッセイ集。 ラストを締めくくるのは、本書の記憶を巡るような短編『夜の二人』。そして、巻末には著者と長く親交を深めるライターの生湯葉シホさんに解説を書き下ろして頂いております。最後までお楽しみください。 ■著者/写真 ・すなば 1991年生まれ。広島県出身。東京在住。 会社員として働く傍ら文筆家として活動。エッセイのほか小説、短歌、自由律俳句なども発表している。海とシティが好き。 共著『エンドロール』(PAPER PAPER)、寄稿『飛ぶ教室 第57号』(光村図書出版)など。今作が初の単著となる。 https://twitter.com/comebackmypoem ■収録作品 ・まえがき ・シティボーイ編 シティボーイなのにうんこを漏らした プラネタリウム 「私、結婚できるのかなぁ」 七・二七事件~猫と僕らとニクいアイツの熱い夜・激闘終結編 ・シティの暮らし編 サンドイッチとロックアイスを入れたアイスコーヒー 「床磨く日々」が僕たちを救う 心に「ギャル」「OL」「ボーイ」を住まわせる 幸せを問いかけてくれた人へ 眠る前の話 大丈夫になった日 チリはたまる、心は散らかる ・シティで命を思う編 人が死ぬということ 傷つけられた人へ メジロを拾った日 猫の生、詩の嘘 ベランダにオランウータンがいた ・シティと愛情編 「職業」+「アイテム名」のファッションアイテムはかっこいい ポエムを笑う人も詩に生かされている 「笑ってもブス」 インターネットでの争いについて(踊るのをやめてしまったサボテンに捧ぐ) BUMP OF CHICKENについて語るときに僕の語ること 武蔵小杉で夢を聞いてきた彼女のこと ・銭湯 イン シティ編 銭湯と杖 夜の飯田橋と銭湯、あるいは川底の街 サウナ今昔 ・非常事態シティ編 日々は日々の桜並木 春がすぎれば 「権力」の気配と丁寧な暮らし コロナ日記 ・シティ脱出編 僕と沖縄 知らない海辺 京都一人逃避行 ・夢想シティ編(短篇) 夜の二人 ・あとがき ・解説  水の音がよく響く部屋 生湯葉シホ ■created by トーキョーブンミャク ■Produce:西川タイジ ■Book Design:近成カズキ ■モデル:映 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ■ルック

セール中のアイテム