new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

心の壊し方日記

1,980円

送料についてはこちら

著者:真魚八重子 出版:左右社 発売日:2022年10月 仕様:B6判 196ページ 2018年のクリスマスの夜、黒猫を飼いはじめた真魚のもとに10歳違いの兄の訃報が届いた。8年ぶりに疎遠だった実家に戻るとそこはゴミ屋敷となっていた――。兄の死とリボ払いの借金、母の認知症、夫の癌発症、自身の鬱とセルフ・ネグレクト、SNSでの大炎上と自殺未遂……気鋭の映画批評家である真魚八重子が自身の5年間の体験を苛烈に綴ったはじめてのエッセイ。 目次 兄の死 兄の正体 母の問題 家 家計のトラブル 夫の手術 本棚 母の意固地さと次兄 骨董屋 お金の不安にとり憑かれる 介護施設の見学 施設への入居 遺言書 母の死 炎上 2021年2月 保護入院 ルマンド Twitterの退会

セール中のアイテム