{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【古本】晩酌百景

800円

送料についてはこちら

著者:パリッコ 出版:シンコーミュージック 発売日:2018年3月30日 仕様:B6判 200ページ 状態:A カバーにわずかに傷みがありますが、その他はきれいです。 多くの酒飲みが、一日の終わりを晩酌によってホッと締めくくっている。そんな、食事でありつつある意味で儀式でもある晩酌をとっかかりに、お酒や食事について話すうちに、人生哲学や普段は見せない素顔までが浮かび上がってくる──。「酒場ライター」として人気のパリッコが、11人のお相手たちと差しつ差されつ語り合った夜の記録と記憶は、すべての酒好きはもちろん、下戸な方にも染み入る「ちょっといい話」が満載。気軽に楽しく読める、けれど味わい深い一冊です。 【CONTENTS】 第1夜 向井秀徳 「きょうの料理」のベスト版を録画して、DVDに焼いたりして。 第2夜 今野亜美 飲み終わったホッピーの瓶を酒屋さんに返しにいくまでが私の晩酌。 第3夜 ピーター・バラカン 時々「俺、アル中かな?」って思う時はある。 第4夜 林 雄司 自分の人生って「劇中劇」みたいだなって思うことはよくあります。 第5夜 河相我聞 息子をキャバクラに誘ったりするんですけど、全然来てくれない。 第6夜 久保ミツロウ 「家でひとりビールを飲むのもありだな」みたいにやっと思えたの、去年ですよ。 第7夜 大谷能生 自分でものを買って、自分で作って、自分で食べていれば、そんなにアホにはならないんじゃないかと思う。 第8夜 かとうちあき 私は半日とか一晩とか、そのくらいの気持ちでだらだら飲みたいんです。 第9夜 二村ヒトシ 最後の一滴まで楽しみつくすために、あれこれ知恵を絞って考える。 第10夜 マリアンヌ東雲 その場にいる中で一番のクズでありたい。一番なら何でもいいの。 第11夜 ラズウェル細木 スーパー通い、やめられませんよ、本当に(笑)。 あとがき対談 スズキナオ×パリッコ

セール中のアイテム