{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【古本】ことばをながめる、ことばとあるく 詩と歌のある風景

800円

送料についてはこちら

SOLD OUT

編著:太田市美術館・図書館 出版:リトル・モア 発売日:2018年9月22日 仕様:A5判 128ページ 状態:A カバーに少し傷みがありますが、全体的にはきれいです。 時代を代表する作家たちの「ことば」と「ビジュアル作品」によって、かつてない「鑑賞体験」を得られると話題を集める展覧会が、一冊の図録にまとまりました。 □ 参加作家 最果タヒ 佐々木俊 祖父江慎 服部一成 ―― 詩×グラフィック 管啓次郎 佐々木愛 ―― 詩×絵画 大槻三好・松枝 惣田紗希 ―― 短歌×イラストレーション -- 詩と歌の新しい鑑賞体験の獲得。 グラフィックデザイン、絵、イラストとともに空間へ解き放たれた詩と歌を、私たちはどう読むのか――。 「読む」という行為の本質を私たちに問いかけてくる空間と作品群を、あなたの手のなかで追体験してください! 「ここにあったのは、私ではない、言葉自身の呼吸だった。」 最果タヒ 「歌や詩には必ず二重性があって、ものすごく個人的なものであると同時に、誰にとっても開かれている。」 管啓次郎 -- ■ 最果タヒ、管啓次郎による対談「言葉・文字・声・詩をめぐって」、 ■ 佐々木俊、祖父江慎、服部一成による鼎談「詩とグラフィック」など ■ 本書でしか読むことのできない「ことば」も多く収録!

セール中のアイテム