new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

生活の批評誌 no.5 「そのまま書く」のよりよいこじらせ方

¥1,540 税込

送料についてはこちら

編集:依田那美紀 発売日:2022年5月25日 仕様:B5判 92ページ (版元ホームページより) ———————————————————— 「そのまま書く」から離れたくて、離れられなくて、あいまいなままここまできた。 個人的な体験や感情を直接的な言葉で記述すること、自分について「そのまま書く」ことは、文学において、あるいはこの社会において、どこかうっすらと軽んじられてきたように思う。それでも今、ほんの一部かもしれないけど、小さな個人の小さな声を聞き合おうとする方向へと、この社会は進みつつある。 だが、その流れに勇気づけられながらも私は、「どんどん自分のことを書こう」と手放しに言うことができない。ひたすら何かにためらい、何かを危惧しているのだった。 その警戒心を決して的外れとは思わない。しかしそのありふれた危惧は、少しでも油断すれば根深く私たちの中に巣食う「そのまま書く」ことに対する蔑みへと——それは強い何者かにとって都合がいい——簡単に回帰してしまうだろう。 「そのまま書く」ことをなんのためらいもなく称揚するのでもなく、蔑みとも絶対的に距離を取った、「そのまま書く」に対する別の態度はないだろうか。それはきっと傍目から見ればこじらせた態度であるだろう。ならば追求すべきは、”よりよいこじらせ方”だ。 そう呼びかけて、この号を作った。9作品と1インタビュー、1座談会を収録。 (編集長 依田那美紀) ———————————————————— ■目次(掲載順) ・皮のにおい |Ingvill Kjærstein (イングヴィル・シャースタイン)  ・「そのまま書く」をそのまま書く |niina  ・政治的な物語から個人的な物語を守り、分有するために |佐々木ののか ・インタビュー:自分語りをさまよって |滝薫 ・当世書生気質令和編 |呉樹直己  ・返信 ——わたしの〝こじらせ〟について |川口好美   ・座談会:フィクションと「そのまま書く」がともにあるために     井上彼方×オーガニックゆうき×依田那美紀 ・教室のうしろの席から |原告A     ・幸福の表明を破る |依田那美紀    ・#147⏺ ⏸ ⏹ |黒嵜想 ・十年後の返信 |遠藤のぞみ ・広告:非実用品店めだか

セール中のアイテム