other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

モモ (岩波少年文庫)

880円

送料についてはこちら

著者:ミヒャエル・エンデ 訳:大島かおり 出版:岩波書店 発売日:2005年6月16日 仕様:410ページ 時間を盗む灰色の男たちから、世界を救う、小さな女の子の物語。 愛蔵版の表紙には懐中時計が描かれていますが、「時間」というものがこの作品の重要なテーマになっています。 「時間をはかるにはカレンダーや時計がありますが、はかってみたところであまり意味はありません。というのは、だれでも知っているとおり、その時間にどんなことがあったかによって、わずか一時間でも永遠の長さに感じられることもあれば、ぎゃくにほんの一瞬と思えることもあるからです。 なぜなら、時間とはすなわち生活だからです。そして人間の生きる生活は、その人の心のなかにあるからです。」(第6章より) 何分何秒短縮できたとか、時間を有効活用しようという話を聞くことはよくありますが、何かをなすのに短い時間で出来るほど良いというのは、本当なのか。確かに人生は限られているけど、その人生をよりよく生きるというのは、どういうことなのか。 あなたが常に時間に縛られているーつまり、灰色の男に時間を奪われていると感じたら、「モモ」をもう一度読み返してみてください。

セール中のアイテム