new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ふしぎの森のふしぎ

2,640円

送料についてはこちら

SOLD OUT

著者:ヤン・パウル・スクッテン 監修:川上紳一 出版:化学同人 発売日:2022年2月7日 仕様:A4判 76ページ 森が好きじゃない人なんているのかな? 花がいっせいに咲く春、どこもかしこも大いそがしの夏、色あざやかな葉に包まれる秋、そして、ひっそりした冬……森に入れば、いつも何かが見つかる。 だけど、見えないものもじつはたくさんある。地面の下にかくれていたり、すごく小さかったり。見つからないような工夫をしている生き物だっているからね。 これは、森がどんなにおもしろいかを学び、そして、なかなか気がつかないことに気づかせてくれる本。ページをめくって絵をながめ、文を読んでいけば、自然のすばらしさがわかってくる。森にひそむふしぎやひみつを知ったら、散歩する森の景色がまったくちがって見えるようになるはず。 ・森にありがとう! ・森は体にいい ・種の多様性 ・森をつくるのはだれ? ・無言の会話 ・見どころはじつは地下 ・世界の支配者 ・ちっちゃいけれどいっちょまえ ・緑のふしぎ ・世界を救う緑の巨人 ・森のめぐみで生きていく ・カバ皮サンド、葉っぱソース ・自然にもとからある力 ・生き残りの工夫 ・夜は動物たちのもの ・夜の森のひみつ ・死ぬほどきれいな冬景色 ・眠ったままで冬を越す ・永遠のサイクル ・おかしな生き物 ・体験の森 ・森では何ができるかな? ・最後にひとこと

セール中のアイテム