new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

エイト・オー・エイト

4,180円

送料についてはこちら

著者:小林泉美(文) A.Qadim Haqq(イラスト) 発行:ソノリテ 発売日: 2021年1月26日 仕様:A4判 28ページ ISBN:9784991153808 ■リズム脳育”児童書!? これまで多くの音楽児童書は、リズムと銘打つものも含めて、実は歌とメロディが内容の中心でした。 対する本書の主役は、まさにリズムそのもの。 音楽が鳴りはじめれば、誰が教えた訳でもないのに、手足でリズムをとり、居間のテレビ正面のステージで一心不乱にダンス! そんなすべての子どもたちのための、ありそうでなかった児童書です。 子どもがひとりで、あるいは家族や友だちと、声と手拍子のリズム遊びをすることで、リズム感を養えるだけでなく、拍や小節、テンポ、グルーヴ、パートの概念といったリズムの基本構造も学ぶことができます。 右脳的な知覚、左脳的な概念理解、そして声や手拍子を用いた身体表現。 これらをシンクロすることではじめて成立する本書のリズム遊びは、脳と体を使った一種の知的な体操です。 もちろん、予備知識は一切必要ありません。 ■モチーフは日本が世界に誇るリズムマシン、TR-808 言わずと知れた世界のスーパースタンダードTR-808は、発売から40年以上が経過した今でも、そのサウンドを耳にしない日がないほどです。 '80年代前半にヒップホップ、ハウス、テクノの創始者たちが使いはじめ、新しい音楽誕生のきっかけをもたらしたことから、ダンスミュージックを象徴するアイコンとしても、世界中で愛されています。 本書では、そんなTR-808のこの上なくシンプルなインターフェースをお手本に、全てのリズムをわかりやすいカラフルなボタンによる“808マナー”で表しました。 ■「ラムのラブソング」の小林“ミミ”泉美が執筆! 著者は『うる星やつら』『さすがの猿飛』『ストップ!! ひばりくん!』の主題歌で日本に「アニソン革命」を起こし、昨今のシティ・ポップの世界的流行により、あらためて注目を集める、小林“ミミ”泉美。 '70~'80年代は、自身のバンド・ソロ活動のほか、高中正義、松任谷由実、 井上陽水などのライブで腕を鳴らし、'85年に渡英。 ファンク、ラテン、アフロなどのスタイルを得意とする凄腕鍵盤奏者として、ヨーロッパを中心に現在も、ライブ活動を展開中。 そんな小林が、自身の練習法などをもとにリズム遊びを考案、執筆しました。 ■デトロイトのレジェンド、Haqqによる描き下ろしイラスト ファンキーな表紙をはじめとする本書の全イラストは、なんとデトロイト・テクノの生き証人ともいうべき伝説的ビジュアリスト、A. Qadim Haqqの手によるもの。 彼がこれまでに手掛けた数々の名盤のアートワークにも通じる独創的な世界感が、子どもたちの感性を否が応にも揺さぶります。 ■史上初! 紙製「TR-808」付録つき 16本のバーを上下に動かしてオリジナルのリズムパターンを組むことができる仕掛け付録、その名も「TR-808」が付属します。 小林泉美 (コバヤシイズミ) (著/文) 著者は『うる星やつら』『さすがの猿飛』『ストップ!!ひばりくん!』の主題歌で日本に「アニソン革命」を起こし、昨今のシティ・ポップの世界的流行により、あらためて注目を集める、小林“ミミ”泉美。​ '70~'80年代は、自身のバンド・ソロ活動のほか、高中正義、松任谷由実、​井上陽水などのライブで腕を鳴らし、'85年に渡英。​ ファンク、ラテン、アフロなどのスタイルを得意とする凄腕鍵盤奏者として、ヨーロッパを中心に現在も、ライブ活動を展開中。​ そんな小林が、自身の練習法などをもとにリズム遊びを考案、執筆しました。 A.Qadim Haqq (クァディムハック) (イラスト) 本書の全イラストは、デトロイト・テクノの生き証人ともいうべき伝説的ビジュアリスト、A. Qadim Haqqによる描き下ろし。 これまでに、数えきれないほど多くのデトロイト・テクノの名盤のアートワークを手掛けてきた彼の活動の歴史は、すなわちデトロイト・テクノの歴史といっても過言ではないほど。 彼が手掛けた代表的なアートワークは、Juan Atkins、Metroplex、Derrick May、Transmat、Underground Resistance、Kevin Saunderson、Carl Craig、Drexciyaなど、錚々たるアーティスト、レーベルの作品で目にすることができる。

セール中のアイテム