other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

¥1,760 税込

送料についてはこちら

著者:小倉ヒラク 出版:木楽舎 発売日:2017年5月1日 仕様:四六判・384ページ ISBN:9784863241121 お酒、味噌、醤油、麹、イースト、藍に乳酸菌……話題の発酵デザイナーが、ミクロの世界から日本のルーツや社会現象を捉え直す! 大豆に麹菌がつくと美味しい味噌に、ブドウにイーストがつくとワインに、牛乳に乳酸菌がつくとヨーグルトに………。発酵とは、微生物が人間に役立つ働きをしてくれること。そして微生物のちからを使いこなすことで、人類は社会をつくってきた。「発酵デザイナー」が「文化人類学」の方法論を駆使して、ミクロの視点から社会のカタチを見つける旅へ出発! 目次 まえがき〜発酵をめぐる冒険に、いざ出発!〜 第一章:ホモ・ファーメンタム 〜発酵する、ゆえに我あり〜 第二章:風土と菌のブリコラージュ 〜手前みそとDIYムーブメント〜 第三章:制限から生まれる多様性 〜マイナスをプラスに醸すデザイン術〜 第四章:ヒトと菌の贈与経済 〜巡り続けるコミュニケーションの環〜 第五章:醸造芸術論 〜美と感性のコスモロジー〜 第六章:発酵的ワークスタイル 〜醸造家の喜怒哀楽〜 第七章;よみがえるヤマタノオロチ 〜発酵の未来は、ヒトの未来〜 あとがき〜いざ、次なる冒険へ! 〜

セール中のアイテム