{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

【古本】ミュージック・マガジン増刊 インドア・ポップ・サイクル

¥900 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

宮子和眞(監修) 1999年発行 判型:四六判変型 状態:A 角に少し傷みがありますが、その他はきれいです。 ブライアン・ウィルソンに始まり、シカゴ音響派や次世代のシンガーソングライターへとつながる、「インドア・ポップ」を紹介する一冊。単なるディスクガイドに留まらず、60ページ超の充実した読み物で、シーン全体についての知見を広げることもできます。以下公式サイトより。 はじめに(宮子和眞) アンチ・ロックなロック、それがキーワード(宮子和眞) ヴァン・ダイク・パークス、レニー・ワロンカーetc.~当事者たちが語る“バーバンク・サウンド”(マシュー・グリーンウォルド、訳=吉田太郎) インドア・ポップの来し方、行く末(座談会=山本精一+高橋健太郎+宮子和眞) シカゴとアセンズを中心とする新時代ポップのうごめき(岡村詩野) [インタヴュー]ポップな実験を続けるウィル・カレン・ハート(オリヴィア・トレマー・コントロール)(構成=宮子和眞) CD BEST 100[選盤=宮子和眞] (安斎明定、石川真一、伊藤英嗣、今村健一、大竹直樹、岡村詩野、片島吉章、北中正和、小暮秀夫、杉本拓也、高岡洋詞、高橋健太郎、高橋道彦、立川芳雄、祢屋康、広川裕、松山晋也、宮子和眞、湯浅学、油納将志)