サルでも描けるまんが教室 新装版 上下巻セット
5ca4afcbc3a9670317043603 5ca4afcbc3a9670317043603 5ca4afcbc3a9670317043603 5ca4afcbc3a9670317043603

サルでも描けるまんが教室 新装版 上下巻セット

残り1点

¥1,500 税込

送料についてはこちら

著者:竹熊健太郎 相原コージ 小学館 1997年初版発行 (初版) 状態:B 本体端にシミ、焼け、カバーに少し傷みがあります。 両氏にとっての代表作とも言えるこの「サルまん」、タイトル通り漫画を描くためのHow To本という体を取ってはいるのですが、とにかく上下巻にわたって内容が超濃密。 第一章から、ペンネームの付け方、線の引き方、といった突っ込みどころ満載な導入なのですが、直線で区切られることしか無い漫画の枠線について色んなパターンを考えてみたり、漫画においては表情の表現が眉と口だけで可能なことを細かく説明してみたりといきなりディープ。実践編として様々なジャンルの漫画を描く上でのポイントが語られるのですが、ファミリー四コマは「さん」「くん」「ちゃん」が語尾に付いていてまだ使われていないタイトルを考えることが最重要、少年マンガでは脇役のメガネキャラとヒロインのパンチラに力を入れる、など、ふざけてるんだけど的を得た考察が続きます。 下巻では、マンガの極意を会得した2人による連載作品「とんち番長」をモチーフに、ヒットまでの道のり、人気を継続させるための様々な工夫などが描かれています。最終的に読者人気を考えすぎて思考が電波化し、作品が大崩壊、2人揃ってホームレスになるという酷すぎる展開を迎えつつ、スピンオフ的なエピソードを交えて完結するのですが、とにかく書ききれないほど膨大な情報が詰まった作品です。漫画好きなら必読。