働くということ 実社会との出会い
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

働くということ 実社会との出会い

残り1点

¥350 税込

送料についてはこちら

著者:黒井千次 講談社 1992年初版発行 (第35刷) 状態:A 目立つ汚れもなく、きれいな状態です。 「働くこととは何なのか」という大きなテーマについて、自身の15年間の会社勤務経験を元に、具体的に、分かりやすい文体で述べられています。 就職活動をして、就職が決まって実際に働き始めるまでの不安であったり、それまでに想像していたことと実際に働き始めてから感じることとのギャップであったりといった、社会人になっていく過程での経験。そして実務に慣れてきた頃に感じはじめる、働くことの退屈さやなぜ働くのかという疑問。 本書は、誰の身にも訪れるこういった経験について丁寧に拾い上げながら、「働くこと」について真剣な考察がなされています。