自分を切りひらくアート 違和感がかたちになるとき
5b1b75c6122a7d72c000173c 5b1b75c6122a7d72c000173c 5b1b75c6122a7d72c000173c 5b1b75c6122a7d72c000173c

自分を切りひらくアート 違和感がかたちになるとき

残り1点

¥1,300 税込

送料についてはこちら

編:高橋端木・フィルムアート社 いちむらみさこ 遠藤一郎 下道基行 三田村光土里 石川直樹 志賀理恵子 山川冬樹 高嶺格 フィルムアート社 2010年初版発行 (初版) 状態:A カバーに少し傷みがありますが、きれいな状態です。 8人のアーティストたちが、幼少期から現在アーティストとして生きるに至る軌跡、作品や活動に対する考え方を尋ねたインタビュー集。 「じぶんを切りひらく」「違和感がかたちになる」という本書のタイトル。世界との関わりの中で、誰もが感じる違和感をかたちにすることが、それぞれがアーティストとしての活動するきっかけであり、基盤になっているというのが本書のテーマなのではないでしょうか。芸術活動をしている人だけでなく、自分の生き方や仕事を見つめなおしたい人にも読んでほしい一冊。